育毛剤おすすめランキング2016年版!

「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」の特長と違い

日本では育毛剤は「薬事法」に基づいて「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」に分類されています。

 

以上の区分けの仕方を簡単にでも理解しておくならバランスの取れた見方で本当に自分に合った育毛剤を見つけられるようになりますから、この機会に一読なされるようお勧めします。

 

医薬品とは?

 

まず「医薬品」についてですが、これは「治療」を目的とした純粋なです。

 

厚生労働省が正式に効果を認めた有効成分が配合されているので、必ずその効果が頭に現れます。

 

ただ、効き目が強い分、薬にありがちな副作用もついて回りやすいのがデメリットです。

 

例えば風邪薬を飲めば眠たくなりますし、花粉症の薬を飲めば喉が乾きますよね?

 

それと同じで育毛に特化した「医薬品」を使用すると軽度の頭痛や多毛症等が見られる場合があります。

 

効果が一番強いカテゴリに入りますので、何はともあれとにかく髪を生やしたい方にお勧めです。

 

 

>>>「医薬品」AGA治療薬ランキングはこちら<<

 

 

医薬部外品とは?

 

「医薬部外品」の製品は厚生労働省が許可している有効成分を一定の濃度で配合しています。

 

効果があり育毛にもちゃんと効く一方で、配合してもよい「量」や「種類」について細かい規則があるために、いわゆる劇的な製品を作ることが不可能になっている微妙な現実もあります。

 

「医薬部外品」は「治療」ではなく、1ランク下げた「防止・衛生」という目的で作られ、緩やかな効果を期待できるものです。

 

厚生労働省が効果を認めた成分が配合されているので、宣伝などの公の場で「生えます!」「効きます!」とその効果を訴求できるのも特長です。

 

時折、パッケージに「薬用」と表示されている製品がありますが、あれは「医薬品」のことではなく、「医薬部外品」で認められている表示法の一種ですので誤解しないようにしてください。

 

「薬用=医薬部外品」となります。

 

TVやネット広告で一番見かける育毛剤製品がこの「医薬部外品」になり、当ブログでもそうした理由からTOPページでまずこのジャンルのランキングをご紹介しています。

 

 

>>医薬部外品育毛剤ランキングはこちら<<

 

 

化粧品とは?

 

「化粧品」と聞けば、多くの方はスキンケアなどによく見られる表示法という印象が強いかもしません。

 

「医薬部外品」と比較しますと、一般的には効能・効果が更に緩和で、魅力を増したり健やかさを保つなどの目的で使用される製品が「化粧品」に当たります。

 

「医薬部外品」と違って厚生労働省により効能・効果は認められていない状況ですので、パッケージなどに効果を直接訴求はできません。

 

ただ、「医薬部外品」よりも配合できる成分の「量」や「種類」が圧倒的に多いので、メーカー側としては「化粧品」として開発すれば、こだわりをもって製品を作ることができるというメリットがあります。

 

必ずしも、「厚生労働省に認可されていない成分 = 効果がない成分」 とは限りませんので、認可はされていなくても実際には育毛に効果があるとわかっている成分を自由に配合したり、新しく開発されたばかりの発毛成分を配合させたい場合にはメーカー側は敢えて「化粧品」のカテゴリーで製品を開発する場合があります。

 

「化粧品」は厚生労働省により効果は正式に認められていませんし、宣伝で直接「生えます!」と訴求できない制約はありますが、消費者側からすればこだわりぬいた最新の育毛製品を使用したい場合には注目に値するジャンルと言えるわけです。

 

 

>>「化粧品」に該当する育毛剤ランキングはこちら<<